肥満解消

薬

「ゼニカル」はスイスカのロシュ社が開発した肥満治療薬です。食事の脂肪分を体内に吸収させずに、そのまま体外に排出する仕組みです。脂肪を分解、吸収するリパーゼという酵素の働きを阻害するため、腸から吸収されず、そのまま排出されます。ただ体についた脂肪を落とす薬ではありません。すでに蓄えられている脂肪は、運動や食事制限でおとすしかありません。しかし、食事の時に「ゼニカル」を服用すれば、新たな脂肪の摂取を防ぐことができます。 どの薬もそうですが、「ゼニカル」も効き目に個人差があります。また食事の脂分に関係があるので、あまり脂分の多い食事をしていない人には効き目は関係がないことになります。逆に、焼き肉を食べに行く日などに利用するという方法もあります。

「ゼニカル」はアメリカではFDAに承認された肥満治療薬ですが、日本では承認されていません。そこで日本ではインターネットで個人輸入したり、通販サイトで輸入された商品を買うなどの方法があります。また女性の場合、美容外科で購入する場合があります。美容外科が輸入したものを患者に販売しているわけです。「ゼニカル」は神経に作用する痩せ薬ではなく、副作用も少ないところから、日本でも利用者が増えているようです。痩せるわけではありませんが、脂肪の吸収・蓄積を抑えてくれる薬で、忙しい人や運動している時間がない人などに利用されています。服用する場合は、脂肪と一緒にビタミン類も排出されてしまうので、ビタミンを補うようにします。まれに輸入品で偽物がある場合もあるので、購入時には注意が必要です。