感染症のヘルペス

医者

 ヘルペスとは感染症の一種で、ヘルペスウイルスに感染する事で発症します。このウイルスにはいくつかの種類があるのですが、人間が感染する種類としては8種類が有名です。それぞれのウイルスごとに、感染によって起こる病気が異なります。代表的な病気としては、水ぼうそうや帯状疱疹があります。他にも肺炎や網膜炎を起こすウイルスもあります。  ヘルペスに感染した時の自覚症状として有名なものに、水ぶくれがあります。小さな水ぶくれがいくつも出来て、痛痒さを伴う事が多いです。やがてこの水ぶくれが破れてかさぶたとなり、数週間で治ります。ただ、一度治っても風邪等で免疫力が低下すると再発する可能性があります。  ヘルペスに感染した場合には、病院で治療をしてもらうのが一般的です。この感染症は皮膚科が担当の科となります。症状が現われた部分によっては何科を受診するか迷う事もありますが、基本的には皮膚科を受診するようにします。

 ヘルペスの治療は薬物療法が基本となりなす。専用の抗ウイルス薬を使うのが最も効果的です。この薬には経口服用タイプ、患部に塗るタイプ等の種類があります。患部の場所や状態等を考慮した上で、どのタイプの薬を用いるかが決定されます。  また、抗ウイルス薬以外にも状況に応じて、ビタミン剤や抗生物質が処方される場合もあります。  ヘルペスの治療は出来るだけ早く開始するのが理想的です。早く治療を始める事によって、症状の悪化を防ぎ早く回復させる事が出来るようになります。また、ヘルペスは感染力の強いウイルスとしても知られています。そのため、自分が誰かに感染させてしまう前に食い止める意味でも、早めの対処が重要になってきます。